こころの悩み

HSPの悩み

さまざまなことに敏感で疲れやすいあなたへ

生まれつき敏感で感受性が強く、疲れやすいあなたはもしかするとHSPかもしれません。

HSP(Highly Sensitive Person)とは、アメリカの心理学者 エレイン・N・アーロン博士が提唱した概念で、生まれつき敏感で繊細な気質をもった人のことです。子どもについてはHSC(Highly Sensitive Child)と呼ばれています。

HSPはささいな刺激にも敏感に反応するため、他人からの影響を受けやすく、疲れやすい傾向があります。また、共感性が高く、直観力に優れているという面もあります。

このような気質はほかの多くの人には理解されないため、HSPは孤独感や生きづらさを抱えることも多いです。また、無理をして他の人たちに合わせた生活を送ることで、日常的に過度に消耗したり、自分自身を見失っている人も多く見受けられます。

HSPが幸せに生きるためには、まず自分自身をよく知り、さまざまな刺激に対する対処法を身に付ける必要があります。そのうえで、自分らしい生き方を探っていくとよいと思います。

HSPの方々が自分らしく、幸せに生きるためのお手伝いをいたします。
カウンセラー自身もHSPですので、お気軽にご相談ください。

PAGE TOP